未分類

魚類

荒川をまたぐ大きな橋の上に立つ。柵をつかんで川面を見つめる。荒川の深いよどみに肉体を沈めることを想像する。この橋の上から飛び降りて、最期の時は水の中。ああ、魚類でもないくせに。しかし、食卓にならぶ魚の大半は、最期の時を不慣れな空気の中でむ…

番犬

わんわん吠える。今日の番犬としての役目は終了。すぐさま犬小屋に戻る。徒歩二秒。くさりが僕の行動範囲をせばめている。しかし番犬の仕事のあとはプライベートな時間。小屋のなかで文章を書く。飼い主は知らない。これは僕だけの秘密だ。 僕の飼い主は狂っ…

あの人のことは好きじゃない。気持ちが冷めてしまった。最初から好きじゃなかったのかもしれない。よく分からない。最近のわたしは自分の感情に自信がもてない。それは自分と関係のない場所から勝手にわいてきた水みたいに思える。感情は不思議な泉だ。一時…

現在地の確認

「現在地の確認などやめてしまえ。それは大いなる錯覚だ。君たちに現在地などないのだ。京都だとか、大阪だとか、東京だとか、神奈川だとか、固有名にたぶらかされておるのだ。おまえたちは、どこにも、おらんのだ。なぜ、この単純な事実が、わからん! 二号…

死神

マス目を埋める作業に退屈したら、死神のほっぺたに落書きしよう。漢字ドリルに文字を書くことは退屈だ。しかし死神のほほに書くと、とたんに楽しくなってくる。死神はじっとして、ぼくの右手の動きに耐えている。骨のくせに、ほっぺたがくすぐったいのだろ…

あなたの肉体は、わたしの大事な宝もの。絶対に傷を付けないように、全力で守らなくては。ヒィ! 自動車というのは、危険なしろものだ。あんなものが大量に走り回っているのだから、この街は野蛮である。衝突すれば、この子の肉体は、一発で終了してしまうだ…

ねえ、二人で塔に登ろうよ。ぼくのお父さんは、静かに死を待つ身なんだ。本人が気取りをこめて言っていたよ。おれは病魔にむしばまれ、もはや、余命いくばくもない。あとはただ、静かに死を待つ身なのだ、とね。 まったく、本を読みすぎた報いだよ。死の直前…

オペ彦

深夜二時、コアラとラッコのしりとり接続を見つけて歓喜する。無限に続けられるのだ。コアラ、ラッコ、コアラ、ラッコ、コアラ、ラッコ、コアラ、ラッコ……。終りのないしりとりに、よろこぶ私は日本人。 しかし、これは拷問にも使えるという。二人の人間を密…

タピオカの前世

日曜の午後三時、プラスチックカップの底に沈むタピオカを見つめていた。ルミネのカフェの丸テーブル。すでに三度目の来店だった。タピオカの流行と距離を置こうとして、私は結局、挫折した。冷めた目でやりすごすには、タピオカはもちもちしすぎていた。 透…

ゴリラの定食屋

私は商店街を歩いていた。アーケードの終わる場所に小さな定食屋を発見した。看板に「こだわり定食」と書かれていた。その具体性のなさに興味をひかれた。コロッケなのか? ハンバーグなのか? エビフライなのか? こだわり定食とだけ言われても、まったく内…

my 屁 , your 屁

ぐう、と腹が鳴った。これは僕の胃袋か? ここは僕の部屋である。当然、これは僕の腹の音だ。考えるまでもない。しかし最近、腹の音が自分のものなのか、判断の付かないことが増えてきた。人体からは日常的にさまざまな音がする。胃袋の音。呼吸音。骨のきし…

もこみもこみち

僕はスターバックスの窓際の席に陣取って、店内の様子を眺めている。たくさんの幽霊がいる。店員の肩には幽霊の腕が絡み付いている。入口近くの客の胴体からは血まみれの顔が飛び出している。丸テーブルの下にうずくまる悲しそうな顔の幽霊もいる。しかし誰…

上田啓太

連絡先:pelicanmatch@gmail.com

Twitter:@ueda_keita|別ブログ:真顔日記